TEL LINE Mail

椎間板ヘルニア | 広島市佐伯区で姿勢矯正が評判の整骨院|整骨院絆

お問い合わせはこちら

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛のことなら広島市佐伯区の整骨院 絆まで

広島市佐伯区の整骨院 絆では、椎間板ヘルニアや坐骨神経痛のお悩みにも応じています。
腰が痛い、重だるいといった症状があれば、気軽に広島市佐伯区の整骨院 絆までご相談してみてください。
坐骨神経痛やヘルニアの症状も得意としています。

椎間板ヘルニアとは?

椎間板ヘルニアは、腰痛の原因として最も多いものです。
背骨の腰部の椎骨と、椎骨の間でクッションの役割を果たしている軟骨が変形していき、組織の一部が飛び出してしまうことをいっています。


ヘルニアとは、元の位置から飛び出してしまうことです。
この時飛び出してしまった椎間板の一部(髄核という梅干しの種のようなもの)が、近くに合る神経を圧迫してしまい、腰や
足に激しい痛みやしびれを起こしてしまうことがあります。
これを特に「坐骨神経痛」といわれています。
椎間板ヘルニアの代表的な症状と言えるでしょう。

坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛になってしまうと、腰から足にかけて伸びている坐骨神経が、様々な原因によって、刺激や圧迫されてしまうでしょう。

痛みやしびれなどの症状のことをいっていて、多くの場合、腰痛に続いて発症して次にお尻や太ももの後ろ、すね、足先などに痛みやしびれが出てしまうだけでなく、麻酔や痛みによる歩行障害を伴う事があります。

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛など、腰痛のほとんどが日常生活のちょっとした何気ない姿勢や動作によって引き起こされてしまいます。

腰への負担を日頃から減らすように工夫していき、腰痛の回数を減らしていくことは、椎間板ヘルニアの発症を防ぐ方法にもつながっていくでしょう。
すでに椎間板ヘルニアを経験してしまった方でしたら、再発防止にもなります。
おうちでストレッチするのもいいですが、広島市佐伯区の整骨院 絆で施術を受けるのもいいでしょう。
再発リスクを低減させることもできますし、今ある痛みを根本から改善していきます。