TEL LINE Mail

三角骨障害 | 広島市佐伯区で肩こり・腰痛・姿勢矯正が評判の整骨院|整骨院絆

お問い合わせはこちら

三角骨障害

プロアスリート施術実績

メディア掲載実績

2019年8月29日発行 女性セブンに掲載されました!

このようなお悩みはありませんか?

上記のようなお悩みがありましたら、広島市佐伯区・五日市の整骨院 絆までご相談ください。
経験豊富な国家資格者が三角骨障害を改善に導きます。

三角骨障害とは?

三角骨障害

三角骨障害の正式名称としては「有痛性三角骨障害」「足関節後方インピンジメント症候群」と言われており、踵の後ろに痛みを引き起こす症状です。

三角骨は踵の上にある距骨の後ろ側にある小さな過剰骨で約10%の割合でこの三角骨があると言われており、クラシックバレエダンサーや新体操、サッカー、格闘技など繰り返しつま先立ちを行う方に多く発症します。

三角骨障害はそのままにしていても改善されませんので、痛みを我慢せずに広島市佐伯区・五日市の整骨院 絆にて根本から改善を目指しましょう。

三角骨障害の施術

三角骨障害の施術としては、まずはしっかりと検査を行いながら最適な施術プランをご提案させていただきます。身体のクセや使い方が原因となっている可能性もございますので、その場合はそれらの原因の改善も行っていきます。

三角骨障害のお客様の満足度90%越え! 当院だけの6つの特徴

1.独自の徒手検査で原因を追究
日常生活の体の癖から痛みを抱えるケースが多いため一人一人に心理学をもと行う丁寧なカウンセリング、検査を行うことで、あなたの本当の原因を追究します。
2.ムラのない骨格矯正技術
国家資格(柔道整復師)所持者で、施術経験13年以上、累計2万人以上の施術経験を活かし、より早い痛みの改善×再発予防を徹底するために骨格矯正を行わせて頂きます。
3.土曜日営業。予約優先性のため待ち時間なし
当院では平日が忙しくて来れない方の為に、土曜日も営業しております。また予約制を導入しておりますのでなるべく待ち時間なくご利用頂くことができます。
4.癖を整え、正しい姿勢、身体の使い方を習得
当院では肩こり、頭痛を軽減するのは当たり前で、痛みを引き起こさない体になることが本当の治療。通い続けるのではなく卒業をするを目標にすることが当院の特徴になります。
5.求めているゴールを達成
痛みを気にせずに好きなことをしたい。痛みのでない体をつくりたい。などお客様の目標とするお体の状態まで決して諦めずにお客様と私が二人三脚となって目標を達成することをお約束します。
6.アフターフォローの充実
私は院内の施術だけでなくお客様が日常生活に戻られた後のことも考え、再発を予防するためのアドバイスを徹底してさせて頂きます。

お客様のお声

三角骨障害

週4でサッカーを頑張ってた12歳の息子。朝起きて急に足を痛がり歩けなくなり、整形外科でレントゲンを撮ってもらったら、三角骨障害との診断。サッカーも、痛みが引けばできるけど、今後ずっと三角障害と付き合いながらやるしかない、と言われました…。
ちょうどその前に、クラブチームへ進むことを決めてたタイミングだったため、この先痛みと付き合いながらサッカーをしなければならないことに、親子共に不安でしかなく、何かどうにかやれることはないかといろいろ調べてた時に、『整骨院 絆』のホームページが目に止まり、即お電話をして診て頂きました!
初めての日、先生がまず、事細かく話をしっかり聞いて下さり、じっくり時間をかけて体を診て下さいました。私は、「三角骨障害とうまく付き合いながらやっていくしかない…」と思ってたところに、先生は、「うまく付き合う、ではなく、治します!ちゃんと、痛みが出ることなくサッカーができる状態に絶対にします!」って言って下さり、もう、ほんっとに有り難すぎて涙出そうでした!
そして、そもそも、三角障害うんぬんではなく、姿勢の悪さや、体の使い方の癖のせいでアキレス腱炎にもなってたことも分かり、家でのストレッチや姿勢改善のメニューも毎回毎回しっかり教えて頂いて、先生のすごい施術と、とにかくひたすら家でも頑張り続けたら、体もちゃんと良い方に変化していきました!
何より、3ヶ月くらいはサッカーできないと思ってたのに、1ヶ月半後には少しずつ復帰でき、どの程度の練習ならやっても大丈夫かを毎回先生から伝えて頂き、2ヶ月後にはほぼみんなと同じメニューで練習できるようになり、試合も出れるようになりました!
とにかくっ、本人も親も、痛みがなくサッカーができる喜び、痛みのストレスなくできる有り難さをものすごく感じ、これは全て、先生のお陰ですっ!!!本当に、感謝しかありません!

※お客様個人の感想であり、効果を保証するものではありません。

三角骨障害|串山様(男性・10代・学生)

症状
三角骨障害

来院きっかけ
HP・紹介

ご感想
Q,どのような症状でお困りでしたか?また、どのような不安がありましたか?
A,サッカーとやっていて、踵の痛みが出て外科でレントゲンを撮ったら三角骨障害と言われ、それと付き合いながらサッカーもしっかり出来るのかという不安・心配がありました。

Q,それを解決するために何かされましたか?
A,すぐに整骨院を探しました。

Q,施術を受けていただいて、どのような変化がありましたか?
A,踵の痛みは、そもそも三角骨のせいと言うより、姿勢の悪さや歩き方・体の使い方が悪いことを教えてもらいました。普段から気をつけること、ストレッチも教えてもらい、週2回の施術を受けて2ヶ月経った頃にはサッカーの練習に参加できるようにまでなり、その時点で本人も私もすごく気持ちも楽になり、前を向いて頑張れるようになりました⭐︎大好きなサッカーを痛みなく出来るために大切なことを教えてもらい頑張れる強さも先生からたくさん言ってもらえて頑張ってこれました!

Q,まだ絆で施術を受けられたことがない方に一言お願いします。
A,痛い部分だぇも着目するのではなく、痛みの原因をしっかり見極めてくださり、体全体をしっかり丁寧にみてくださり、分かりやすく教えて頂けるし、施術を受ける度にどんどん体が変わっていって痛みも無くなっていくので本当にすごいの一言です!
ここに来てなかったら。。。先生の施術を受けていなかったら。。。こんなに早くサッカーができるようになってなかったので、感謝しかありません。
痛みのストレスから解放されたい方はぜひ絆さんに行かれることをオススメします!!

※お客様個人の感想であり、効果を保証するものではありません。